About
私たちについて

About us松尾研究所について

産学共創によるイノベーションのスパイラルを実現する

私たち松尾研究所は、東京大学院工学系研究科松尾研究室とビジョンを共有し、大学・企業・スタートアップによる産学共創のエコシステムを実現することを目指し誕生しました。

アカデミアで生み出された先端技術を産業界に繋げ、社会実装を通じ得られた知見をまたアカデミアに還元することで、次の時代の礎となる人材・先端技術を育成する、イノベーションのスパイラルを創出します。深層学習領域の応用研究と社会実装、産業界におけるAI・DX人材の育成、企業のDX推進に資するスタートアップの育成等に取り組んでいます。

Vision

「先駆者」を育み、時代を変える。
「変化の連鎖」が生まれるエコシステムを、創り出す。

松尾研は、「先駆者」を生み出します。

世界最先端の研究を、次々と進める。基礎研究で成果を生み、知の蓄積に貢献する。

基礎研究を充実させることで、教育の質と量を高める。
より多くの人々に、より価値ある学びを、提供していく。

そこで学んだ人材が、企業との共同研究や自身の起業で、活躍する。
未来を切り拓く「先駆者」となって、イノベーションを生み出していく。

成功体験や知恵が、研究や教育に還流する。

ひとつの変化が、また別の変化につながり、人を変え、社会を変えていく。
そして、時代の変化は、ますます大きく、速く、勢いを増していく。

松尾研が築くのは、こうした「変化の連鎖」が生まれるエコシステム。
「先駆者」を育み、時代を変えるエコシステムを、創り出していきます。

企業憲章

産学共創のエコシステムを実現するために、
フェアで透明性の高い企業運営を行う。

技術は、企業によって製品・サービス化され、多くの人々の生活に役立つものとなってはじめて価値をもちます。 そして、それが企業の収益となり、次の時代の研究に対する投資となって、企業そして大学等における研究・開発活動が長期的に維持・促進されます。

松尾研究所の存在意義は、こうした大学・大企業・スタートアップを含めた研究と社会実装の「エコシステム」を作ること。 その目的達成のためには、松尾研究所自身が、高い視座に立ち、適切な企業運営を行っていく必要があります。 そこで私たちは、ここに以下の企業憲章(3つの誓い、5つの約束)を定めます。

3つの誓い

  1. 松尾研究所は、松尾研究室と密に連携し、エコシステムの構築・進化の目的達成に向け、必要な事業・活動を行っていくことを誓います。
  2. 松尾研究所は、松尾研究室の「研究」の成果、知、技術の「開発・実装」を行い、広く社会に普及を目指すことを誓います。
  3. 松尾研究所は、常にその存在意義・貢献を自ら問い続け、自身の活動の変革を続け、社会からの期待に応えていくことを誓います。

5つの約束

  1. 松尾研究所は、東京大学との関係において、利益相反問題が起こらないよう、松尾研究室とは独立した透明性の高い経営体制を構築し、適切にマネジメントすることを約束します。
  2. 松尾研究所は、研究者の研究活動、学生の勉学が最重要であるとの考えの下、雇用等においては、研究者及び学生の自由意思を尊重し、研究活動・勉学の妨げにならないよう常に配慮することを約束します。
  3. 松尾研究所は、エコシステムの構築・進化のために必要となる以上の利益は、次の時代の研究活動に還元することを約束します。
  4. 松尾研究所は、その存在意義がなくなった場合には、すべての利益を社会に還元した上で、解散することを約束します。
  5. 松尾研究所は、本企業憲章に反するような事態が発生したときには、透明性の高い厳格な対応を図ることを約束します。